引越しはこのようなスケジュールで

引越しは面倒な荷造りや引越し作業がメインと考えるかもしれませんが、それだけではありません。ここに大まかな流れをまとめてみましょう。
a123
引越し前の手続き
引越し準備(荷造り梱包作業)
引越し当日 荷物の搬出・搬入
引越し後の手続き

 

 

おおよそ、このような流れとなるでしょう。旧居と新居の近隣の方への挨拶など細かなことを上げればかなりあるかもしれませんが、そのあたりはおいおいということで。
新居探しについては引越しをする人がすべて行うものでもありませんよね。実家に帰る人や結婚をして配偶者の家に同居するなどの人も多いと思いますので流れからは省きました。

 

引越の手続き

引越の手続きは細々としたものがかなりたくさんありますので、一度洗い出してチェックリストを作っておくことをオススメします。 役所に届け出る転出・転入届
国民健康保険、印鑑登録、運転免許証
郵便物の転居届
銀行口座、クレジットカードなどの住所変更
電気・ガス・水道などの公共料金の手続き
電話・インターネット・携帯電話の住所変更
などなどざっと思いついたものを書きだしてもこれだけあります。お子さんがいらしたら転校手続きや、お仕事の関係で税務署に届出たり、ペット(犬)を飼っている場合には保健所への届出など 他にもケースバイケースでたくさんあるんです。これらを処理するためにはチェックリストを用意して潰してゆくのが一番良いでしょう。

 

 

引越し荷物の梱包作業

引越しで最大の作業を言っても良いかもしれません。荷造り作業はかなりの時間が掛かりますよね。準備時間をしっかりと取れる人であればコツコツを梱包をしてゆけば良いのですが 忙しくて時間がない人はどうすれば良いのでしょう?。実は引越し専門業者ではそういう人のために荷造りや荷解きをしてくれる至れり尽くせりのサービスを用意してくれています。 その分の費用は掛かってしまいますが、数日は潰してしまう荷造り作業を業者のスタッフがすべて行ってくれるこのサービスの満足度はかなり高いものとなっています。 良いサービスですので利用することを検討してみても良いと思います。

 

 

引越し当日 荷物の搬出・搬入

そしていよいよ引越し本番。費用的に少しでも安くしたいのであれば、これはすべてを自分で行うしかありません。トラックをレンタルしてきて荷物を自分で積み込み、そして新居へ搬入をする。 お手伝いをしてくれる人がいるのならば良いですね。ただ、親しき仲にも礼儀ありですからお礼はしっかりといたしましょう。どのくらいのお礼をすれば良いのかは人間関係によりますので 人それぞれです。一般的には費用だけを考えると業者に頼んだのとたいして代わりはなかったかな?という経験をした人も多いようですね。

引越しする前にコレを忘れずに!

引越しは決して安いのものではありません。少しでも新生活のためにお金を残しておきたいものです。ですのでたとえば大都市間を例にあげると、引越し 東京 名古屋市間の価格比較は必ず行うようにしてください。格安で済ますことも可能なので、そうなれば新しい家電製品を購入することだってできちゃいますからね!